恋愛が続かない女性必見?!「蛙化現象」の原因と克服方法とは?

夢にまで見た憧れの人なのに、自分に振り向いてもらえた瞬間に恋愛のテンションが下がってしまった…。
好きだった人と両想いになったけど、キスは気持ち悪いと感じてしまう…。

実際にこのような経験をしたことはありませんか?これは心理学用語で「蛙化現象(かえるかげんしょう)」というもの。
好きだった相手と両想いになったことが分かると一気に嫌いになったり、さらには気持ち悪いとまで感じてしまうのです。
一般的に若い人によく起こると言われていますが、大人の女性ですら「蛙化現象」に陥ることが…。
結婚を視野に入れる年頃なのに結婚どころか恋愛すら長続きしないなんて人は必見です!
また、「蛙化現象」は男性も起こりうること。そんな男性に振り回されている女性も「蛙化現象」の原因を知って克服方法を一緒に考えていきましょう!

「蛙化現象」はグリム童話「カエルの王様」からできた言葉

グリム童話「カエルの王様」はご存じでしょうか?あらすじを簡単にご紹介…。

ある国の王女が森で金の鞠を落としてしまう。
そこにいたカエルが「王女様と友達になって、同じ皿で同じご飯を食べ、同じベッドで共に寝るのであれば、鞠を取ってあげよう」と交換条件を出すのです。
王女は承諾するものの、金の鞠を拾ってもらうとカエルとの約束を破って逃げてしまいます。
その後も約束を守るよう王女に迫るカエル。嫌がる王女に一夜を共にするよう要求するのです。
その時魔法が解けてカエルが立派な王子へと変貌。今までの無礼を詫びた王の求婚を受け王女は恋をし、婚約するという物語…。

この物語は“大嫌いだったのに急に好きになる”という話ですが、 “好きだったけど好意を持たれると嫌いになる”という逆の状況を、物語にちなんで「蛙化現象」と呼ばれるようになりました。

AD

「蛙化現象」が起こる4つの原因とは?

恋愛が続かない女性必見?!「蛙化現象」の原因と克服方法とは?

原因1. 自分の理想像を相手に求めすぎた

人を好きになれば誰もが自分の都合のいいように相手を思い描いてしまうものです。ただ過度の期待は「蛙化現象」の引き金に…。
「きっと部屋も清潔にしているはず…、私服もさぞかしおしゃれなのだろう…」など、“自分が好きになった人”を“理想的な男性像”として期待しすぎてしまうと、その落差に幻滅してしまうのです。

原因2. 付き合うことをゴールにしていた

男性に多いパターン。相手に好きになってもらう事を目標にしてきたため、いざ付き合えるとなるとエネルギー切れを起こしてしまうのです。
付き合った後の事を考えておらず、異性と関係性を作ることに二の足を踏んでしまうことも…。
現実的なことや先のことを考えると、「好き」という気持ちより「煩わしさ」を感じてしまうのが原因です。

原因3. 性的なことが苦手

性的なことに対し、経験の少なさや不安がある場合、行為そのものに気持ち悪さを感じることも原因の一つに。
相手のことは好きでも、性的な行為を避けていくうちに、心の距離まで離れてしまうのです。

原因4. 相手への不信感

大好きだった異性に振り向いてもらえればこんなに嬉しいものはありません。
ただ「本当に自分のことを好きなのか?彼が本気で好きになってくれるはずがない」と考えてしまうと相手を信用できないまま付き合うことに。
恋愛でうまくいかなかった過去や自信のなさが原因となり、相手に心を開けないまま気持ちが冷めてしまうのです。

AD

こんな人は要注意!蛙化現象が起こりやすい人のチェックリスト

恋愛が続かない女性必見?!「蛙化現象」の原因と克服方法とは?

異性との経験が少ない

“恋愛経験が少ない、異性の兄弟がいない”など異性との関りが少ない環境で過ごした人は、異性に対し理想像を描きすぎることも。
異性を知らないがゆえに、自分の知らない一面を知って幻滅しやすくなります。
「男性の部屋のトイレの汚さにドン引きする…、女性の言葉遣いに冷めてしまう…」など。
異性の免疫がない分、期待を裏切られた時のショックが大きいのです。また同時に異性に対し意識しすぎてしまい、素の自分を出せなくて辛いと感じることも。

自分に自信がない

手の届かない存在だった彼が自分の事を好きになってくれると、自信のなさから「自分を好きだなんてあり得ない…」という考えに至ってしまうのです。
最終的には「自分の事を好きだなんて、気持ちが悪い…」という発想に。相手は全く悪くないのに、自分に対する好意を素直に受け入れることができず、自分の気持ちすら遠ざけてしまうのです。

恋愛理想主義者

恋愛ドラマやアニメ、恋愛リアリティ番組が好きなど、「恋愛」が好きで憧れを抱きがちなタイプ
キュンキュンする恋愛のシチュエーションや理想のセリフにときめきを感じでいたので、現実の恋愛が始まるとその落差に引いてしまうのです。
恋に恋をしていて、肝心な相手の本質を知らないままスタートしてしまうので自分の気持ちが分からなくなることも。

AD

蛙化現象を克服する4つの方法

恋愛が続かない女性必見?!「蛙化現象」の原因と克服方法とは?

克服ポイント1.友達から始めてみる

「念願の両想い♪さぁお付き合いを始めるぞ!」となるとしんどくなってしまうのであれば、まずは「友達」から始めてみましょう
友達として相手をよく知ることで、勝手な理想像に幻滅することもなく、理想的な恋愛に当てはめる必要もないのです。
異性に慣れるという点でも克服の近道に。プラトニックな関係からお互いをよく知ることで、今後のことも想像しやすくなるはずです♪

克服ポイント2.自分のいいところを相手に聞いてみる

自己評価が低いままでは、なかなか恋愛へのステップが踏めないもの。お相手に「自分のどこがいいのか」聞いてみましょう。
自分でも思いもよらない部分や欠点だと思っていた所を好きだと言ってくれることもあるはず。自分の良さを自分で認めることが克服のカギです♪

克服ポイント3.自分の苦手なことを相手に伝える

「異性に慣れていない、キスは苦手…、恋愛経験が少ない」など、自分の苦手や不安は相手に素直に伝えてみましょう。
恋愛においてコミュニケーションは一番大切。恥ずかしいことでも自分の素直な気持ちを伝えると、相手もあなたの気持ちを理解してくれるはず。
伝えることでもっと深い関係を築くこともできますよ。

克服ポイント4.「恋愛」=「一緒にいたいかどうか」

すぐに冷めるのは、実はその恋が本物ではないのかも…。その恋を諦めて次の恋を探すのも一つの方法です。
「理想の恋愛をしよう」とするのではなく、「この人といると楽しい!ずっと一緒にいたい!」と思える人を恋愛対象にするのがおススメ。
楽しくて居心地がよくてずっと一緒にいたいと思える相手となら「蛙化現象」は起こらないかもしれませんよ♪

AD

蛙化現象は誰でも起きるもの!

いかがでしたでしょうか?ここまで「蛙化現象」の特徴と原因、克服方法についてご紹介しました。
「やっと付き合えるのに、こんな思いになる自分はおかしい。相手が気の毒…」と思っていた方も「これは蛙化現象だ」と分かれば少し気持ちも楽になったかもしれません。
「自分は恋愛に向いていない…」そんな風に思う必要もありません!「蛙化現象」は誰にだってあることです。
ここでご紹介したようにあなたの考え方を少し変えてみるだけで、克服できることもあるはず!だから恋愛に臆病になる必要はありません
そして悩んだ分だけ、恋愛がうまくいくヒントを手に入れていますよ。
「蛙化現象」を克服して、誰よりもいい恋ができるよう一歩踏み出してみましょう♪