雰囲気が変わるチークの入れ方~メイクの雰囲気別で徹底解説!

顔を明るく見せてくれるチークは、入れ方ひとつで雰囲気がガラッと変わります。
それぞれなりたい雰囲気に応じたチークの入れ方を分かりやすく解説!
シチュエーションやTPOに合わせたチークを取り入れるだけで、メイク上級者になれますよ♪

可愛い雰囲気にしたい時のチークの入れ方

可愛い雰囲気にしたい時のチークの入れ方

頬骨の一番高い部分にピンク系のチークを乗せると可愛らしくなります。
にこっと笑った時に頬骨の筋肉が盛り上がるので、そこを目安に入れましょう。

仕上げに濃いめのピンクを真ん中に乗せることで、よりキュートな印象に仕上がります。
ただしあまり濃いピンクを使うと幼い感じが出てしまうので、年齢に合わせた色味を選ぶようにしてください。

知的な印象にしたい時のチークの入れ方

知的な印象にしたい時のチークの入れ方

オレンジ系やゴールド系のチークがおすすめ。
顔の外側から頬骨の下、鼻先にかけて入れることでシャープな印象になります。

ハイライトに使うブラウン系を使っても良いでしょう。
細かいラメが入ったものを使うと、ツヤ感も出すことができ大人な雰囲気が楽しめます。

スタイリッシュな雰囲気にしたい時のチークの入れ方

知的な印象にしたい時のチークの入れ方

ブラウン系の濃いめカラーを選びましょう。
頬骨の下からこめかみにかけて太めにいれることで、顔が引き締まりスタイリッシュな雰囲気になります。

よりシャープな印象に仕上げるためには、ハイライトも一緒に使うのがおすすめ。
メリハリある顔立ちでいまどき感も楽しめます。

フェミニンな印象にしたい時のチークの入れ方

知的な印象にしたい時のチークの入れ方

コーラルピンクやオレンジ系のチークがおすすめ。
頬から小鼻の中央~下に向けて入れることで、女性らしいフェミニンな印象に仕上がります。

オレンジ寄りのピンクを使えば可愛過ぎないメイクが楽しめるため、30~40代でも無理なく大人可愛いメイクが楽しめますね。

また頬骨から左右に向かってハートマークを描くように入れると、目元や涙袋を強調させ女らしさもアピールできます。

このようにチークの色や入れ方によってさまざまな雰囲気が楽しめますので、気分やシーンに合わせて入れ方を変えてみてくださいね。

MonoVista編集部

ファッション・コスメの最新情報はもちろん、日々に役立つライフハックなども!
MonoVistaショップの情報も発信していきます♪
 Instagram

MonoVista編集部の記事一覧へ

AD
塗り方次第で肌をワンランク美しく!魅せるフェイスパウダーのメイク術

メイクの最後に使うとよりキレイな仕上がりになるフェイスパウダー。 特にリキッドファンデーションを使ってメイクした場合、フェイスパウダーを使うと肌に馴染ませることができるため欠かせません。 フェイスパウ […]

メイクの基本!ひと塗りで華やかさを演出するチークの入れ方

パッと明るい印象に仕上げてくれるチーク。 頬にふんわり入れることで血色良く見せることができますが、チークを入れる基本の位置をしっかり把握していますか? 間違った場所に入れてしまい、逆に顔色が悪くなった […]

多くの人が間違いやすいメイクの基本!ファンデーションの色選び

メイクに欠かせないファンデーション。 さまざまな色が売られていますが、自分に合ったものをきちんと選んでいますか? 実は自分の肌とは違う間違った色を選んでいる人がたくさんいます。 ファンデーションは明る […]

コンシーラーで失敗しちゃう人必見!メイク初心者でも失敗しないコンシーラーの塗り方

肌トラブルに悩みを抱えている人は多いと思います。 毛穴やニキビ痕、シミやそばかすなどが目立つとせっかくのメイクも楽しめません。 ファンデーションを塗ってもなかなか隠れず、どんどん厚塗りに…。 このよう […]

急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

お葬式の時のメイクは、どこまでするべきなのか悩む方も多いと思います。 喪服の準備はしていても、急な通夜や葬儀に参列する時など、メイクはどのようにしたらよいの?と考える方も多いのでないでしょうか。 お葬 […]