多くの人が間違いやすいメイクの基本!ファンデーションの色選び

多くの人が間違いやすいメイクの基本!ファンデーションの色選び

メイクに欠かせないファンデーション。
さまざまな色が売られていますが、自分に合ったものをきちんと選んでいますか?

実は自分の肌とは違う間違った色を選んでいる人がたくさんいます。

ファンデーションは明るすぎても暗すぎてもNG!
自分の肌に合った色を使わなければ、顔だけ浮いた印象になってしまいます。

今回はどのようにファンデーションの色を選べばよいのか見ていきましょう!

メイクのファンデーションの色選びポイントは首の色

ポイントとなるのが”首の色”。
ファンデーションを自分の首の色に合わせることで、顔との境がなくなり自然な肌に仕上がります。

またできれば単色使いではなく、部分によって色を使い分けるべき。
ハイライト効果によって顔に立体感を出すことができます。

多くの人が間違いやすいメイクの基本!ファンデーションの色選び

持っていると便利なカラー

  • 首に合わせたメインの色
  • 明るめの色
  • 暗めの色

上記3色を持っているとさまざまなメイクが楽しめるのでおすすめ。

例えばアウトラインに暗めの色を乗せれば小顔効果が期待できますし、明るい色をTゾーンに乗せれば鼻筋の通ったメリハリのあるメイクが楽しめます。
単色使いが難しい場合は色を混ぜて使っても良いでしょう。

AD

肌の状態に合わせたファンデーションの色選びも

多くの人が間違いやすいメイクの基本!ファンデーションの色選び

肌全体がくすんでいる場合は、ピンクベースのファンデーションがおすすめ。
健康的な顔色になり、全体的に華やかな印象になります。

赤ら顔が気になる場合は黄色ベースを使いましょう。
赤みを抑えながらナチュラルに肌トラブルを隠してくれます。

使うカラーによっていろんな効果が期待できるファンデーションの色選びはとても重要。
まずは自分に合った色をしっかり選び、慣れたら複数の色を使い分けてみましょう。

MonoVista編集部

ファッション・コスメの最新情報はもちろん、日々に役立つライフハックなども!
MonoVistaショップの情報も発信していきます♪
 Instagram

MonoVista編集部の記事一覧へ

AD