ネイルの伸ばし過ぎは危険!?美しい指に魅せるネイルの長さとは?

ネイルは、ある程度自爪に長さがあるとカラーやアートが映えるもの。
ですが長ければ良いという訳ではなく、ネイルに適した長さを維持することで綺麗さや清潔感が感じられます。

特にネイルアートは爪が長いほどたくさん描けるし楽しい!と思う方が多いかもしれませんが、日常生活を送る上では非常に不便。
どこかにぶつけると簡単に欠けたり折れたりするので、ケガをしてしまうケースもあり、危険です。

長すぎる爪は見た目が不潔に見えてしまうことも…。
自爪は長く伸ばすとどうしても黄ばんでしまうため、汚い印象になります。
適度な長さでネイルを楽しむことで、清潔感や上品さを維持できるのです。

ネイルチップが長すぎるのも要注意!自爪を痛める原因に

ネイルの伸ばし過ぎは危険!?美しい指に魅せるネイルの長さとは?

ネイルチップ(つけ爪)を施す場合は特に注意が必要。
指先よりも大幅に長いものを付けていると、自爪に負荷がかかり自爪の根元を痛めてしまうことがあります。

自爪を痛めてしまうと回復に時間がかかるため、ネイルもしばらく楽しめません…。
ネイルによって自爪を傷めてしまっては意味がないので、長さはほどほどにしましょう。

ベストなネイルの長さはフリーエッジが全体の1/4程度

自爪は爪先の白い部分「フリーエッジ」の長さが重要。
全体の3分の1以上フリーエッジが伸びてしまうと爪自体の耐久性が限界になり、折れたり欠けたりしやすくなるので注意が必要です。

またバランスの良い理想的な長さはフリーエッジが爪全体の4分の1くらいとも言われています。
自爪を伸ばしてネイルを楽しむ人はぜひ目安にしてみてくださいね。

爪の長さはネイルをする上でとても大切。
定期的なネイルケアで長さを常に整えることがポイントですが、長さは爪切りで切らずファイルと呼ばれる爪やすりを使って行いましょう。

ネイルケアはコチラ

ネイルをするうえで必要になるが「ネイルケア」ネイルカラーやネイルアートは、ネイルケアをきちんと行うことでキレイに爪をみせることができます。「ネイルケアってサロンで行うものでしょ?」このように思っている人も多いかもしれませんが[…]

意外と知らない!?正しいネイルケアでツヤツヤネイル☆指先からキレイを目指そう!
MonoVista編集部

ファッション・コスメの最新情報はもちろん、日々に役立つライフハックなども!
MonoVistaショップの情報も発信していきます♪
 Instagram

MonoVista編集部の記事一覧へ