急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

お葬式の時のメイクは、どこまでするべきなのか悩む方も多いと思います。
喪服の準備はしていても、急な通夜や葬儀に参列する時など、メイクはどのようにしたらよいの?と考える方も多いのでないでしょうか。

お葬式のメイクのポイントは、故人とのお別れの場であること前提として踏まえ、薄く控えめにすることが基本になります。
今回は急なお葬式のメイクについてお話します。

ノーメイクもNG!お葬式メイクは薄化粧が基本

急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

お葬式のメイクは古くから、薄化粧にして紅をささない「片化粧」がよいとされており、悲しみのあまり紅をひくこともできなかった、という意味合いもあるそうです。
最近では、控えめな色の口紅を薄く塗る程度ならよしとされていますが、華やかな印象を避けるのが常識となります。
ただし、社会人の場合はノーメイクもNGになります。
葬儀など厳粛な場に化粧をしないという事は、フォーマル感がなく礼儀に欠ける、場に相応しくない装いになります。
お葬式や通夜でのメイクは、あくまでも控えめに仕上げる薄化粧が基本です。

AD

これさえ押さえれば大丈夫!お葬式メイクのポイント

薄化粧と言っても、人それぞれ感覚が違いますよね。
パーツごとに分かりやすく、お葬式のメイクのポイントを紹介します。

急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

  • ベースは薄めで、マット感を出す。
    コンシーラーや下地、ファンデーションを厚く塗りすぎないようにし、自然なトーンの肌質に仕上げましょう。最近は艶感の出るベースやファンデーション、またパール入りのパウダーなども多く出ていますが、キラキラと光沢が感じられるメイクは、葬儀の場には相応しくありません。
    できるだけ自然でマットな感じに仕上げるのがおすすめです。
  • 眉は自然な形と太さに。
    普段から眉を細く整えていたり、元々の長さが短い人は、髪に合わせた色のアイブロウを選び、自然な太さと長さになるよう整えましょう。
    細すぎや、濃くなりすぎるときつい印象を与えてしまいがちなので、パウダーでぼかすように自然に整えるのがおすすめです。
  • アイメイクは、ナチュラル感を意識。
    お葬式のアイメイクは、しなくても問題はありません。
    メイクする場合には、アイシャドウは派手なカラーや華やかな印象の色は避けて、ナチュラルなベージュやブラウン系、薄めのピンク系など、自分の肌に馴染みやすいカラーを選ぶのがおすすめです。
    パールの入った光沢の強いものや、ラメ入りのものは避けましょう。
    アイラインやマスカラは、涙でにじむことも考えられる葬儀の場では、なかなか簡単に直すことは難しく、使わない方が無難です。
    もし使う場合には、ラインは目立たせず細めに入れ、マスカラはまつげをカールし過ぎずに、控えめにつけましょう。
    必ずウォータープルーフを使うことをおすすめします。
    目元は、全体のメイクの濃さを強調するポイントとなるパーツです。アイメイクの仕方次第で、化粧をばっちりしている、という印象になるので、あくまでもナチュラルにみせることが重要です。
  • 口紅は、ほんのり色づく程度に。
    明るい色や濃い色を避けて、自分の肌に合った自然な発色のカラーを選び、薄めにつけましょう。薄い色でも、見た目に艶感のある潤いたっぷりなグロスなどは避けた方が無難です。
    自然に顔色をよくしてくれるような、薄く色づくタイプのリップクリームなどもおすすめです。
  • チークは顔全体のバランスを見てから。
    基本的にチークはつけない方が望ましいですが、顔色が悪くみえるなどの場合には、濃いピンク系や、赤みの強いカラーは避けて、自然に肌の明るさが出るカラーを選びましょう。
    普段チークを愛用している人は、いつもの手順通りに使用せず、少量を取りティッシュなどでなじませてから、メイク全体のバランスを見てほんのりつける程度にしましょう。

お葬式の場では、参列者全体が黒や白の統一された装いであるため、その中で明るいカラーや光を感じるものが入っていると、思った以上に目立ちやすいものです。個性的なメイクや目立つカラーなどは避けた、押さえるメイクを心がけましょう。

AD

お葬式メイクにルールは無し!大人のマナーを心がけて

急なお葬式…フォーマルな場所に相応しい大人のお葬式メイクマナー

お葬式のメイクは、こうでなくてはならない、という決まったルールはありません。
しかし、故人とのお別れの場という厳粛な場であり、家族や親族への配慮ある装いや、立ち振る舞いが大事になります。
葬儀へ参列することは、社会人としての身だしなみやマナーが問われる場でもあり、特に女性はメイクや髪型なども込みで見られているといってもよいでしょう。
お葬式の時のメイクは、自分をきれいにみせることや、着飾る場ではないということを頭に置き、場に相応しいメイクのマナーを心得ておきたいものですね。

MonoVista編集部

ファッション・コスメの最新情報はもちろん、日々に役立つライフハックなども!
MonoVistaショップの情報も発信していきます♪
 Instagram

MonoVista編集部の記事一覧へ

AD